www.wanichan.com

Microsoft Office全般(Excel/Word/PowerPoint/Access/Outlook/OneNote)の使用方法を解説。

文字飾りを適用するには

文字列や段落の書式を設定する
最終更新日時:2021/06/06 20:42:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太くしたり斜体文字などの文字修飾するには、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[太字(Ctrl+B)]、[斜体(Ctrl+I)]や[下線(Ctrl+U)]等のボタンをクリックします。ショートカットキーを利用するとスムーズです。二重取り消し線は[フォント]ダイアログボックスで行えます。

はじめに

太字や斜体文字、文字に下線(アンダーライン)の適用、下付き文字、上付き文字は、対象となる文字列を選択して[ホーム]タブの[フォント]グループにあるそれぞれのボタンを利用するよりも、以下のショートカットキーを利用するとスムーズです。

  • [太字(Ctrl+B)](Bold の頭文字)
  • [斜体(Ctrl+I)](Italicの頭文字)
  • [下線(Ctrl+U)](Underlineの頭文字)
  • [下付き(Ctrl+Shift+=)]→CtrlShiftキーを押しながら
  • [上付き(Ctrl+Shift++]→CtrlShiftキーを押しながら

ちなみに、これらのスタイルだけを解除するにはもう一度それぞれのショートカットキー、デフォルトのスタイルに戻すには、Ctrl+スペースキーでOKです。

なお、二重取り消し線を引くには、[フォント]ダイアログボックスで行います。

選択した文字への下線スタイルの適用に線の種類を選択するには

  1. 下線スタイルを適用したい文字列を選択します。
  2. [下線]ボタンの▼をクリックします。
  3. 一覧から下線の種類を選択します。

二重取り消し線を引くには

  1. 対象となる文字列を選択します。
  2. [ホーム]タブの[フォント]グループ右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックします。
  3. [フォント]ダイアログボックスの[二重取り消し線]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
  4. 選択した文字列に二重取り消し線が引かれました。

スポンサーリンク
INDEX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異なるバージョンの記事

コメント

※技術的な質問はMicrosoftコミュニティで聞いてください!

▲このページのトップへ